忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[58] [54] [49] [48] [47] [44] [43] [42] [40] [39] [38]

ds66.JPGサークルサイトの編集作業時にBGM代わりとして「けいおん!」を流していました。
某価格サイトのランクでもけいおん風モデルが人気のようで、まだまだ人気は健在のようです。
ギターのレスポールタイプ、ベースの3トーンサンバーストべっ甲PGなど普通初心者が手を出さないモノですが初めからそれなりの愛着を持ってもらえるとそれはそれで嬉しいです。
けいおんから楽器で思い出したのですが「のだめカンタービレ」からクラシック楽器を始めたというのは私の周りではあまり聞かないのが寂しいところです。聴くきっかけにはなっているようですが、やはりなんとなくハードルが高いのでしょうか。のだめがピアノだしみんなちょっと変った天才だから違う世界のモノみたいに思われがちですが随分遅くにバイオリンに魅了された私から言うと自分で楽しむ程度に弾くから他の楽器と変らず楽しいですよ。ただ、教則本が分りにくいのは確かです。バイオリンの場合はまず弓の持ち方が分らない。実際スクールに行っても講師によって微妙に違います。私も時々「弾いてみる?」と言って持たせてみますが弓を貼って持って楽器を構えて弓を弦に乗せて弾くだけでも大変ですね。その分、音が鳴り出すと面白くなって弾いてくれる人もいますけどね。チューニングはチューナーを利用するとしても弓の貼り具合はやっている人の弓で弾いてみてある程度覚えるしかないような気もします。近くに聞く人がいなければ、初期の数回でもスクールに行くのが無難ですね。楽器店ではなくディスカウント的なショップで購入する弦を張っていない、つまり駒が立っていない、松脂がついていないなどケースを開けたら大変不親切な状況が現れます。展示品の駒が逆だったりなんてのもありました。ちなみに私が始めての人に楽器を渡す場合は簡単な調整をして渡します。バイオリンに限らず出荷状態で調整をしてある事は稀なのでやはり楽器は楽器店での購入がお勧めです。通販でも多少お高めの印象がありますが調整込みを選択すれば価値はあると思います。ショップによっては調整と称してパーツ交換を勧めるところもあるのでそれは個人の判断で価値を決めて下さい。

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析