忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)

Audacityに限らずMIX編集ソフトなどでwavファイルしか受け付けない、エンコードができない、などのお悩みを結構見かけます。
原因としてはフリーソフトの場合、そもそもエンコード機能がなかったり追加機能としてパッジファイルが必要だったりします。
製品ソフトではライセンスを購入しなればならなかったりします。
しかし原因の追求をしてもたどり着けなかったり追加に失敗してバグが発生する事もあります。
このような事故を防ぐためにもできそうにない場合は潔くエンコードソフトを利用しましょう。
フリーソフトでも音質とスピードを保持できるソフトも増えています。
製品版も多機能ソフトでエンコードするより操作が簡略で高速エンコードができるケースが多くマスタリング機能を併せ持っている製品が多いのでシンプルなわりに結構使えたりします。
私の場合も2トラック録音とエンコード用にマルチトラック編集ソフトとは別のソフトを利用していますが何より動作が軽いのが魅力ですね。

SONY CREATIVE SOFTWARE(ソニークリエイティブソフトウェア)/Sound Forge Audio Studio 10
SONY CREATIVE SOFTWARE(ソニークリエイティブソフトウェア)/Sound Forge Audio Studio 10はマスタリング、エンコードソフトです。
あまり知名度のないソフトですが音質や機能は十分です。

SONY CREATIVE SOFTWARE(ソニークリエイティブソフトウェア)/Sound Forge Audio Studio 10 解説本バンドル
Sound Forge Audio Studio 10 解説本バンドルはその通り解説本付きです。
ヘルプで十分というか多少の経験があればマニュアルなしで使用できると思いますが初心者さんの場合は解説本片手の方が安心できるかも。

 

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析