忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[1] [2]
以前に紹介したタスカムのミキサータイプオーディオインターフェイスが各ショップで削除されていたりダイレクトショップでも注文へはリンク切れになっていたのでこの記事時点のマルチトラックレコーディング対応の機材を考えてみたいと思います。
今までにも書きましたがPCでマルチトラックレコーディング(事実上の3トラック以上)に対応するにはレコーディングソフトが対応している事とオーディオインターフェイス等の入力機器が対応している事がおおまかな条件です。
ソフトについてはバンドル版やフリーのものでもできればよいので各仕様で同時録音可能トラックを確認して下さい。
録音ソフト、オーディオエディターと表記されているものでも確認すると2チャンネル、2トラック、つまりステレオが最大のものは多いです。
有償やパッケージ版でもマスタリング用や簡易録音用のものはエフェクト等の機能が多彩でもマルチトラックであるかは別ものなので注意して下さい。
またトラック数制限のあるものや無制限とされていてもPCなど使用環境に依存されるので実用的な条件はそれぞれです。
実用上で言えばマイク1本や2本の場合はすごい多機能のDAWシステムより、そこそこのステレオ録音、マスタリングソフトや軽いDAWの方が動作が安定してるため事故を防げたりしますので使用環境に応じて工夫もして下さい。
さて、今回のタイトルであるマルチトラックに対応するオーディオインターフェイスの条件で大切なのはオーディオインターフェイスとしてPCにマルチチャンネルで音声を入力できるかです。
アナログミキサータイプでオーディオインターフェイス機能搭載のものは低価格からありますが価格に関わらずオーディオインターフェイスとしては2in,2outのみ、つまりステレオ分しか扱えない製品は多いです。
一見するとマイクが何本もつなげて、エフェクトがあって、AUXセンドも、グループバスもあってと多機能、有名メーカーの中高級モデルであっても仕様としてステレオのみだったらオーディオインターフェイスとしてはそれとしてしか作動しませんので要注意です。
また、ミキサータイプではなくてもオーディオインターフェイス全般で表記として4in、4outなどどなっていてもアナログは2in、デジタル2inで合計4inとインプット数がマイクや楽器をアナログで接続して録音できる数ではない場合も多くアナログ入力数もマイクを接続できる数イコールではない場合もあるので用途によってよく確認して下さい。

さて、これらを踏まえるとなかなか低価格では難しいのが現状です。
アナログ4インプットはそこそこありますがバンドで実用的となるとドラムの録音と考えて
マイク6本は接続したいところ。
それを可能にするのはラックタイプのTASCAM ( タスカム ) / US-1800かUS-2000で視認性の高いサーフェスとしても利用できるタイプで単体MTR駆動可能なのがZOOM ( ズーム ) / R16が安全なところです。
チャレンジャーならBEHRINGERという選択肢もありますが最近のモデルでは製品画像で確認できる警告文書に日本語がない(おそらく正規輸入では追記か別記)マニュアルも日本語がなかったり遅れて出てきたり、翻訳ソフト通しただけみたいな内容と競合他社も増えて日本対応は代理店に丸投げ状態なメーカーはおすすめはできない、という状況です。
製品としてはFCAシリーズやXENYX UFXシリーズ、UMCシリーズなどコスト的には優れていて面白いシリーズを投入していますが何せ英文カタログやマニュアルでも疑問が残るものはとにかく不安です。
話を戻しましてアナログミキサータイプでは、というとないですね。
あるかないかで言えば高級モデルに入るものならありますが、そこまで予算が組めるならデジタルミキサーも選択肢し入るのでコスト等での優位性はないという見解になります。
需要が少ないからない、と言われればそれまでなのですが円安傾向で海外メーカーや海外生産品の価格が上昇しつつあり、来年には消費税が、という中で選択肢そのものが少なくなるのは個人で活動している者にとては厳しい時代です。

TASCAM ( タスカム )  / US-1800 TASCAM ( タスカム ) / US-1800

 
 
ZOOM ( ズーム )  / R16ZOOM ( ズーム ) / R16

楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
PR
やっとというかメーカーの戦略変更というかタスカムがSDHCカード使用のミキサー一体型MTRの本格派モデルを発売しました。
デザインと機能から長年根強い支持を受けた来たハードディスクMTRの後継イメージが強いです。
カードメディアMTRはコンパクト、お手軽路線が主流であっただけに一台完結型のDP-24は希少な選択肢となるでしょう。
PCとの連動性を重視するならZOOMのRシリーズ、単体MTRでの機能性重視ならDP-24という位置付けですね。

TASCAM(タスカム)/DP-24
TASCAM(タスカム)/DP-24

サウンドハウス
現段階ではリリース情報のみで製品ページも確立されていない製品ですがヤマハから01V96iが発売されました。
少しでも本格音響に触れた事のある方なら0シリーズ名は必ず知っているといってもよいデジタルミキサーシリーズで01は小規模ユース向けのモデルです。とは言っても価格は個人には勇気のいる数字ですが。
開発思想としてはヤマハの主軸モデルである02Rシリーズの基本設計を継承しサイズと機能を小型化させています。
02Rの最初のモデルが発売されてからもう20年近く経ちデジタルミキサーの普及に貢献したと言ってもよいほどのシリーズで発売当初はプロスタジオでも02Rはデジタルミキサーの定番とされました。
その中で01Vはプロやハイアマチュアのプライベートユースに応える形で発売され大ヒットを記録しました。
残念ながら両機種の中間的存在であった03Dシリーズは他社の02R同等機能機種と価格帯が被り負けてしまった歴史はありますが、その分コンセプトの振り分けがはっきりして01Vが強力化したとも言えます。
0シリーズの最大の魅力はヤマハがデジタルミキサーの主軸としているだけあってヤマハの上質が詰まっている事。
個人的意見で述べるなら日本の実力と言っていいほどです。
別記事で私のアナログミキサーの志向はサウンドクラフト社と書きましたがデジタルミキサーならヤマハです。
まあ、海外メーカーがこの部門に全力を注いでいる気がしないのもありますが。

で、今回のモデルチェンジの最大の特徴はUSB2.0対応のインターフェイスとして駆動可能という点です。
もちろん全ての面で一段グレードアップされているので単なるUSB対応ではなくほぼ最強のUSB対応ミキサーと言ってよいでしょう。
その上でデジタルミキサー単体での充実した機能があるのでバンドルがCubase AI 6でありながらそれ以上のミキサー内蔵エフェクトが可能で同時録音トラック数などの制限さえ気にならなければ満足のできるレコーディング、ミキサー作業が行えるでしょう。
もし、この価格帯の予算で検討可能な方は検討機種の軸に据えてもよいのではないでしょうか。

YAMAHA(ヤマハ)/01V96i
YAMAHA(ヤマハ)/01V96iはオーディオオーディオインターフェイスとデジタルミキサーの本格的な統合をヤマハが決断したとも思えるほどのモデルです。

楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス

MTRはマルチトラックレコーダーの略ですが実の話は2トラック同時録音の機種も多いです。
いざ、同時録音数の多い機種となると結構なお値段で中古を探してみたくなるもの。
この時のポイントはやはり入力端子です。
マイクを多数使用したい場合はマイク入力に対応しているか、ファンタム供給に対応しているか、とチェックをします。
PCとの連携を考えなければ中古でも音質と機能を満たすものがある、というよりHDDレコーダーの場合は現行機種が少ないため多チャンネル入力などを探すにはどうしても中古を視野に入れる必要があります。
最終的にPCでの保存を考えている場合はオプティカルやコアキシャルのデジタル出力に対応していれば音質劣化を防ぎつつコピーできるのでひの辺りもチェックしましょう。
HDD以外の中古はMOやMDDATA、ZIPがありますがメディアが入手しにくいので入手先の確保も重要です。
MDDATAディスクのMTRは圧縮音声録音である事と普通のMDディスクでは2トラックでしか利用できないので注意が必要です。

ZOOM(ズーム)/R24
ZOOM(ズーム)/R24は8トラック同時録音24トラック同時再生に加えオーディオインターフェイスとしても使用可。
ドラムの複数テイクを収録しようと思うとこのくらいは必要ですね。

TASCAM(タスカム)/2488neo
TASCAM(タスカム)/2488neoはMTRの話で避けられない機種。
単体で納得できるマスタリングまでもっていける数少ないモデルです。

ALESIS(アレシス)/ADAT HD24
ALESIS(アレシス)/ADAT HD24は24トラック同時録音再生の業務用。
ミキサー一体型ではないので別途ミキサーなどが必要ですがハイサンプリングレートでも12トラック同時録音できる辺りが業務用です。

サウンドハウス  

前記事でも書きましたようにファンタム電源の有無や抵抗値のマッチングなどに対応するための機材について少し紹介したいと思います。
ファンタム電源供給に対応するにはファンタム電源供給機、マイクプリアンプ、サブミキサーなどを利用します。
単体のファンタム電源供給機のメリットはコンパクトな製品がある事。
マイクと入力チャンネルの間に繋げるボックスタイプのものであれば持ち運びや保管なども場所を取りません。
デメリットは単機能である事。
ほとんどの製品が電源供給のみの機能でゲインの調整ができずラインミキサーなどへの接続には不向きなものもあります。また単機能のにしては割高? と思う方もおられるでしょう。
選択の注意点は機種限定の製品もあるのでマイク側が専用電源を必要とするのか、電源側が汎用モデルなのかは必ずチェックして下さい。

マイクプリアンプのメリットはラインナップが豊富である事。
コンパクトエフェクターサイズからラックサイズ、真空管実装やチューブモデリング内蔵など多種が存在するので単なる電源やレベル調整だけではなく音色も選べるためアーティストの中にはマイクとプリアンプをセットで持ち歩く方もいます。
ボーカル用エフェクターも用途としてプリアンプとして位置づけしても構いません。
デメリットは多種であるために選択も困難である事る
単なる電源供給やレベル調整だけであればシンプル機能で十分。欲を出して付帯機能に期待すると、その個性的な音色に戸惑う事もあります。特に真空管仕様の場合は真空管の取り扱いだけでも注意が必要な上、真空管の取替えによって音色も変化します。これを楽しいと思うか面倒と思うかは個人の判断ですので本当に必要かどうかを考えてから選択しましょう。
注意点は製品仕様が複雑なのでしっかりチェックすること。入出力端子の形状や対応レベル、プリアンプだから必ずファンタム供給ができるわけではないのもチェックポイントです。
稀ではありますが真空管回路を搭載しながXLRの入力では真空管回路を経由するがTRSフォンだと別回路になるような製品もあるので仕様書だけでなく回路も検討のポイントです。

サブミキサーのメリットはミキサーなので調整が容易である事。
入出力レベルのコントロールだけではなくコンパクトミキサーでもイコライザーなども搭載している事が多いのでミキサータイプ以外のインターフェイスへ接続する場合は一台あるとないとでは大違いです。
当然ながら多種から選択できるメリットもあります。
デメリットは大きさ。
平置きのミキサーであればどうしても設置場所が必要になります。
注意点はマイク入力対応でもファンタム電源対応とは限らない点。低価格帯に多いです。

ギターやベースなどに使用するDI(ダイレクトボックス)について。
クリーンサウンドで録音したい場合で入力チャンネルがハイインピーダンスに対応していない場合に必要となります。
マルチエフェクターなどはこの機能を搭載している場合も多いのでエフェクトバイパスに設定すればそのまま仕様できます。
パッシブタイプとアクティブタイプがあるので用途により選択して下さい。

ヘッドホンアンプについても紹介しておきます。
バンドなどの場合は複数人でヘッドホンを使用したい場面もあるはず。
この時に用いるのが分配機能を搭載したヘッドホンアンプです。
単なる二股の分配アダプターだと音質やレベルが得られなかったり、使用するヘッドホンの違いによりボリュームを調整したいのにできないなどの問題が起こりますのでヘッドホンアンプがあるとかなりの環境改善になると思います。

BEHRINGER(ベリンガー)/PS400 MICROPOWER]
PS400 MICROPOWERはシンプルなファンタム電源供給ボックス。
シンプル故に使いやすいです。

ART(エーアールティー)/TUBE MP STUDIO V3
TUBE MP STUDIO V3は低価格でも定評のある真空管プリアンプ。
真空管を取り替えての音色創りを楽しめます。

BEHRINGER(ベリンガー)/MIC2200 Ultragain Pro
MIC2200 Ultragain Proは2チャンネル対応の真空管プリアンプ。
この低価格の2チャンネル対応は嬉しい仕様です。

BEHRINGER(ベリンガー)/XENYX802
XENYX802はコンパクトながら2チャンネルマイク入力に対応。
サブや小規模システムで活躍するアナログミキサーです。

YAMAHA(ヤマハ)/MG124CX
MG124CXはサブとしては大きいですがグループバスやAUX出力もあり様々な場面で活躍できます。
ワンノブコンプやエフェクターも搭載しているのでレコーディングとライブ、双方に対応します。

BEHRINGER(ベリンガー)/DI20 Ultra-DI
DI20 Ultra-DIはアクティブタイプのダイレクトボックス。
2チャンネル対応なのでハイインピーダンス入力の増設が簡単に行えます。

ART(エーアールティー)/PDB
PDBはパッシブタイプのダイレクトボックス。
シンプルなのでプレーヤーが一台持っていて便利です。

BEHRINGER(ベリンガー)/HA400 Microamp
HA400 Microampはコンパクトで4チャンネル出力対応のヘッドホンアンプ。
リハーサルスタジオでの録音などで活躍します。

BEHRINGER(ベリンガー)/AMP800 MiniAMP
AMP800 MiniAMPは合計8チャンネル出力に対応したヘッドホンアンプ。
低価格でそれなりの環境を整えられるモデルです。

サウンドハウス  



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析