忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[1] [2]
ドラム用のマイクは今までにもセットやバスドラ補正的なものを紹介しましたが今回はこだわる際のプラスワンという選択肢でYAMAHA ( ヤマハ ) / SUBKICKを取り上げてみます。
製品紹介でバスドラムにダイナミックマイクと併用がお勧め、と書かれている通り初手ではなくある程度のマイクは揃っていてイコライザーでの調整ではちょっと、という場合に検討してみる価値がありそうです。
形状からしてバスドラの一部としての鳴り、存在感を付け足す目的でコストバランスについては個人差がありそうですが楽器メーカーらしいマイクです。

YAMAHA ( ヤマハ )  / SUBKICK
 YAMAHA ( ヤマハ ) / SUBKICK

楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
PR
エレキギター、ベースに対応したオーディオインターフェイスは特別珍しいものではありませんがハイインピーダンス入力だけでなんか物足りないような、どれを選んでよいのかと迷う場面もあるかと思います。
ギター、ベースだけならインターフェイス機能搭載のマルチエフェクター経由がベストに近いベターではありますがマイクやライン入力にも対応させたい場合は結局は別途の機材が必要となります。
この場合やギター、ベース入力メインでありながら通常のオーディオインターフェイスとしても使用したい場合には、あくまで個人的意見ではありますがLINE6のモデルがお勧めと思います。
理由は単純にPODシリーズ系統の設計思想であるためです。
綺麗にというよりはらしく録れる候補として考えてみてもいいのでないでしょうか。

LINE6(ライン6)/POD STUDIO GX
LINE6(ライン6)/POD STUDIO GXはギター、ベース入力のみのシンプル設計です。
現有システムにプラスしたい場合やギター、ベース録音とモニター出力だけで十分な場合の候補です。
LINE6(ライン6)/POD STUDIO UX1
LINE6(ライン6)/POD STUDIO UX1はギター、ベースとマイク入力に対応したモデルです。
ダイナミックマイクを使用で自宅録音も考えている場合の候補です。

LINE6(ライン6)/POD STUDIO UX2
LINE6(ライン6)/POD STUDIO UX2はギター、ベースとマイク、ライン2チャンネル入力に対応したスタンダードタイプです。
ラインから様々な音源を入れたり、ファンタム電源搭載なのでコンデンサーマイクを使用した高音質録音も可能でギター、ベースメインでありながらより幅広い音楽製作に対応してくれる候補です。

サウンドハウス
ドラムや各アコースティック楽器、バンドの一発録音などではマルチトラックでのレコーディングが望ましい場面も多くあります。
インターフェイスバンドルソフトでもオーディオのマルチトラックに対応したソフトも多いですがマルチトラックレコーディングに対応するにはそれに対応した機材が必要です。
マルチトラックレコーディングを目指して機材を検討する場合、初心者が一番はまりやすい罠はミキサータイプのインターフェイスや多数の入力チャンネルに対応していてもインターフェイスとしての機能は2チャンネルのイン、アウトだったりする点です。
特にアナログミキサータイプの場合は8チャンネル入力、4バス、2AUX出力であってもPC転送は任意の2チャンネル信号のみというケースも多いです。
この失敗を回避するには見た目に惑わされず仕様をよく確認しインターフェイスとしての機能を見極める事しかないです。
また、ビットレート、サンプリングレートにより転送チャンネルに制限が入る製品も多いのでもしハイサンプリングレートでのレコーディングを目標としている方はチェックが必要です。
この確認項目はMTRでも同じです。

TASCAM(タスカム)/M-164UF
TASCAM(タスカム)/M-164UFはアナログミキサータイプのオーディオインターフェイス。
転送チャンネルも豊富で繁雑になりがちなマルチトラックレコーディングの場面でもミキサータイプは各チャンネルの視認性、操作性がよく作業環境が向上します。

ZOOM(ズーム)/R16
ZOOM(ズーム)/R16はオーディオインターフェイス機能を備えたMTR。
16トラックMTRとして単体駆動できるので持ち出し機材としてスタジオで利用し、自宅PCで編集という使用方法が可能です。

アコースティックと言ってもギター、ピアノから管弦楽など様々な楽器があり一つ一つを取り上げているとキリがないのと結局は基本を押さえる所から各楽器へと波及すると思うので今回はマイクを使用しての録音の基本とマイク選びの基準をざっくりと書きます。
まずどんな状況でも大切なのはマイクのポジション。マイクま指向性や狙った音にするため色々と工夫します。
この時の注意点は楽器を録音する場合でも弾き手が聴いている音とマイクで録音される音は違うという点です。
声ほどではありませんが、例えばギターで理由を挙げるとサウンドホールの正面にマイクを立てると自分で聴いている音より随分高音が強く抜けのよい音と感じる場合が多いでしょう。
これは音には直進性があり元々正面に向かって音を大きく響かせるためのサウンドホールですから前に大きく伸びのある音が発せられ楽器の側面と背面の響きを聴く形になっている弾き手はマイクや聴き手よりは高音の欠けた音を聴いているとなります。
このギャップを埋める方法は簡単で楽器は口と違い位置を変えられるので自分が聴き手となり楽器正面に向き楽器を鳴らしてみれば聴き手の音を体感できます。
その音を基準にマイクのセッティングを考えより楽器の実力を引き出せる録音を目指します。

次に大切なのはマイクの選択です。これが一番の難題ともいえますがポイントを整理します。
第一に欲しい周波数帯域を考えます。ギターであれば中高音をより伸びやかに表現したい場合が多くボーカル併用でもこれを満たすマイクは多いです。
これがベースなどになると低域も重要となるわけですがこり場合は広ければよいではなく限られた環境での録音の場合は高周波帯がノイズ化する場面も多くあまり広域に広いマイクだと痩せてノイズの多い印象になる場合もあります。
これらは予算に限りがある場合はイコライザーでの調整もやむなしと覚悟しておいた方がよいです。
続いては指向性。ギターやバイオリンなど発音部分が狭く狙いが付けやすい場合は単一指向性もしくは狂指向性などの一方向に対しての反応がよいマイクを選択するとクリアな音が得やすいです。
ピアノなど大型の楽器の場合、通常は数本のマイクを使用しますが予算に限りがある場合などは双指向性や無指向性のマイクも選択肢として考えます。
また、楽器の音だけではなくホールの響きも利用して臨場感のある音を録音したい場合も指向性広いマイクを選択すると低予算で効果が得られますが、通常は楽器と空間の響きを集音するマイクは別々に用意します。
これらのポイントに加えの悩み所がダイナミックかコンデンサーか、という所。
自宅の場合は環境ノイズを防ぐためにダイナミックの単一指向性が無難です。
レコーディング専用ではなくてもリハーサルスタジオや防音室など外部からのノイズが入りにくい場合はコンデンサーを選択するとより学期の実力を引き出しやすいでしょう。予算に余裕があればコンデンサータイプには指向性切り替え機能が付いたものも多く発売されているので将来性を考えるとこれらを選択するのが有効です。
また環境や楽器によってはクリップタイプやコンタクトタイプと呼ばれる楽器に装着するタイプのマイクも選択肢として有効ですが録音として考えるとコストパフォーマンスに優れているとは言いがたいので検討の際は慎重に。

AUDIX(オーディックス)/F5
AUDIX(オーディックス)/F5は単一指向性のダイナミックマイク。
中音域中心ですが価格以上の音質を得られる楽器録り入門マイクと言ってよいモデルです。

SHURE(シュアー)/BETA57A
SHURE(シュアー)/BETA57Aは単一指向性のダイナミックマイク。
録音用として捕らえると若干硬質で抜けのよい印象があるため同社のSM57よりベターな1本です。

AUDIX(オーディックス)/F9
AUDIX(オーディックス)/F9は単一指向性コンデンサーマイク。
楽器向けコンデンサーの入門機として位置づけられますがダイナミックマイクにクリア感の不足を感じたらまず検討するマイクと言えるでしょう。

BEHRINGER(ベリンガー)/B-2 PRO
BEHRINGER(ベリンガー)/B-2 PROは指向性切り替え式のコンデンサーマイク。
ボーカルから楽器までコストパフォーマンスを発揮する1本です。

ドラムの録音に関してはシンセ(電子)ドラムと普通のドラムセットをマイクで収録する方法があります。
シンセドラムに関してはキーボードと概要は同じで本体音源をラインで録音するかMIDIで接続しMIDIノートを記録するかです。
これに対し普通のドラムをマイクで録音するのは結構な難易度でリハスタに設置してあるボーカルマイクを適当に設置しても残念な結果になるのが通例です。
確認程度の録音であれば3本を使用しバスドラに1本と左右というセッティングとなりクオリティーを上げるにはこれにマイクの数を足します。
理想はパーツ1つに対応するマイク1本ですがこれを実現するには予算が大変でアマチュアがちょっとやってみようのレベルではないです。
そこでデモ程度で何とかクオリティーを確保するのはバスドラに1本、スネアとハイハットに1本、タムとシンバル類に2本の計4本、できればバスドラだけでも専用マイクを使用すれば随分しっかりした存在感を得られます。
マイクの距離は様子を見ながら少し攻め気味に近づける方が迫力が増しますが金物やスティックなど動くものとの接触には要注意です。
録音も出来ればマルチトラックでそれぞれのマイクごとに収録し微調整できるようにする方が無難です。
これはドラムほどの音量、音圧がある場合はヘッドホンでモニターしても生音に負けてしまい狙ったバランスで録音できないケースが多いためです。

CLASSIC PRO(クラシックプロ)/CM8BD
CLASSIC PRO(クラシックプロ)/CM8BDは安価のバスドラ向けマイク。
低域専用マイクの中では最安値と思われますが価格以上の存在感を得られ初心者やコスト重視の方にお勧めです。

BEHRINGER(ベリンガー)/XM1800S
BEHRINGER(ベリンガー)/XM1800Sは3本セットのダイナミックマイク。
ボーカル向けという位置づけですが予算を押さえ本数をそろえたい中ではそれなりの音質を得られるモデルです。

AUDIX(オーディックス)/FP7
AUDIX(オーディックス)/FP7はドラム向けマイクセット。
低価格帯の中では定評のあるFシリーズのセットで上位機種のDシリーズほどの迫力はないですがそれぞれの音域に特化したマイクセットだけにしっかりとした存在感と音質を得られます。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析