忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
長らくスタジオモニターヘッドホンとして定番である900STに継ぐヘッドホンはメーカー問わす競争がなされているが、現在の有力候補はMDR-M1STでしょうか。
ハイレゾ向けのヘッドホン開発もある程度進んだところでSTと打ったモデルなので勝負に出ているのでしょう。
デザインからベースになったリスニングモデルは見当が付きますがドライバーなどはチューニングにとどまらず再開発されたようです。
各所のプロアマのレビューを見た限りではハイレゾモデルにありがちな高域の抜けの追及よりしっかりとしたバランスを重視しているようです。
そのためか元々音としてエネルギーの強い低音の広がりに印象があるようです。
 スタジオモニターという用途を想定しているため出荷時点での音質は堅いとかバランスに違和感があるといった意見も多いようです。
元々使い慣れた900STと比べれば何か違うのは当たり前として、耐久性も考慮した設計のため多少エージングに時間がかかるようです。
そのエージングが進めば慣れと音の落ち着きが出て、次世代として納得できるようです。
 あとはコードが着脱式なのが特徴でありながら耐久性と取扱いが少し心配です。
個人的にもZ900とZ900HDを所有していますがどっちも長短ありですね。
全体としては900STよりは耳当たりのよいチューニングになってはいるようですが、再生される情報量が多いのでやはり長時間の使用は疲れるようです。
もし、リスニングにも使いなら真空管アンプを経由させるなど手はなくはないでしょうが、音は柔らかくなってもノイズが気になる人もいるでしょうから、そのへんは好みと言ったところでしょう。
 おそらく個人で購入する際に一番気になるのは価格でしょう。
ヘッドホンだけグレードアップすると粗が目立つだけなので中核機材だけではなく電源や配線にも予算がかけられる余裕がないとシステムの迷路に迷い込むで覚悟と備えは十分に。

SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST
SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST



楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
PR
増税され年末商戦に向かうこれからの時期、日本の市場を意識しているメーカーは新機種を投入してきています。
その中でもDTMの中核となるオーディオインターフェイスは顕著な動きが見られます。
基本的には基礎設計はほぼ確立された中でのマイナーチェンジやグレードアップ感があり、新鮮味はないとも言えますが、ハイレゾ傾向に向かうのは必然のようでそのための見えない部分で上位機種と同等か同じ部品を使っていたり、買い替えを考えると魅力はあると思います。
その中で定番のスタインバーグのURシリーズは底上げの印象が強くまさに定番でしょう。
まぁ、RTシリーズはまた別路線ですが。
日本では底堅い支持のあるタスカムはUSシリーズの上位に当たるSERIESでよりハイレゾを意識した設計になったようです。
新機種ほど魅力的ですが初期ロットではある程度の不具合もあるものなので少し様子を見るか購入後に何か気になる事があれば問い合わせは躊躇わない方がよいでしょう。


STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C


STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR44C
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR44C


TASCAM ( タスカム ) / SERIES 102i
TASCAM ( タスカム ) / SERIES 102i


TASCAM ( タスカム ) / SERIES 208i
TASCAM ( タスカム ) / SERIES 208i



サウンドハウス
先日ラジオを聞いていたらライブやフェスは楽しいけど耳がやられてフラフラしたような話があり、「耳栓したら?」とか「耳栓したら勿体ない」なんてコメントを見かけ、意外とドラムさんなどでは利用者が多い音楽用耳栓もあまり周知はされていないと感じたでので、ちょと耳栓としてはお高めですが、音楽や楽器を楽しめる商品を貼っておきます。
一般的な耳栓との違いは全体的な音域を低減させる傾向にあるところです。
一見、当たり前のようですが一般的な耳栓は人の声や警告音など聞えなければならない音域は確保して他を削る傾向で、工業向けなどは聴覚の保護を優先する設計のため音楽を楽しむ事には向いていないようです。
とは言え、どうしても爆音に耐えられなくて気分が悪くなるような方は音圧下げ重視の工業用など自身にあった物を探してイベントを楽しみましょう。

CRESCENDO ( クレシェンド ) / Music 20
ミュージシャンをはじめ、ライブやコンサートを楽しむ設計
CRESCENDO ( クレシェンド ) / Music 20
ミュージシャンをはじめ、ライブやコンサートを楽しむ設計


CRESCENDO ( クレシェンド ) / Fcking Loud 25
ドラマーやギタリストをはじめ、ロックコンサートやクラブで音楽を楽しむ設計
CRESCENDO ( クレシェンド ) / Fcking Loud 25
ドラマーやギタリストをはじめ、ロックコンサートやクラブで音楽を楽しむ設計


CRESCENDO ( クレシェンド ) / Amplified 20
ボーカリストやギタリストをはじめ、ロックコンサートやクラブで音楽を楽しむ設計
CRESCENDO ( クレシェンド ) / Amplified 20
ボーカリストやギタリストをはじめ、ロックコンサートやクラブで音楽を楽しむ設計



楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
駆け込み需要をニュースで見かける機会も増えてきましたが機材は駆け込む必要があるのか少し悩むところです。
以前までの増税を見る限り前後は価格が微増していました。
販売する側としては常識なのかも知れませんが値上げした旨はほとんど発信されません。
特に最近では部品調達の時点から上昇する傾向があり新製品が一定期間過ぎてから以外のケースで下がる事はほとんどあまりありません。
販売形態も期間限定タイムセールなども増えお手頃で入手できる機会もありますが反動で定時の価格は少し上昇している傾向もあるようです。
では何を基準にコストを設定するかですがある程度の価格傾向は把握しておき、自身の価値に似合っているかでしょう。
このブログで紹介している分野については失敗しないことが重要です。
いくら評判が良くても接続して動かないと全く意味がないですし、コストや軽量に振りすぎると音質を犠牲にしてしまうので難しいところです。
とりあえず、今回は日本市場で最もベスト寄りのベターを貼っておきますがジャンルによってはローランドやズーム、タスカムでもよいと思います。


STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII


STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR-RT2
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR-RT2


楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett (gen. 3)シリーズが登場していたようです。
G2シリーズにマイナーチェンジしてからそんなに間もなくまたアップされたました。
主な特徴は基礎的なマイクプリアンプが3rd Generationに改良されISAプリアンプのサウンドをエミュレーションするAIR機能が追加されました。
AIR機能については多少の好みはあるかと思いますが、プリアンプに定評のあるフォーカスライトなので嫌味にはならないでしょう。
少し前に上位機種として発表されたClarettシリーズのプリアンプとの差も気になりますがそれを活かせる環境となると本格派のレベルに手が届くのでどこで妥協するかはユーザー個々の判断ですね。
バンドルについてはあまり変更はないようですがAvid Pro Tools | First Focusrite Creative Packとして配布版Pro Toolsを基礎にフォーカスライト他のプラグインなど用意されており、それなりの制作環境からスタートできるようです。

注意点はMac OS10.12以降、Windows 10以降(それなりのPCパワーも必要)と結構新しいPCしか受け付けないところでしょう。
私みたいに無駄を省いて延命処置をしながら少し古いPCを使用していると対象外なんですね。
また、バンドルやダウンロードする各種アプリについても推奨環境が様々で確認が必要ですがメーカーのHPに日本語がない場合もあり代理店や販売店の選択も重要でしょう。

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 (gen. 3)
FOCUSRITE / Scarlett 2i2 (gen. 3)
録音とモニタだけのサウンド入門モデル。

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 4i4 (gen. 3)
FOCUSRITE / Scarlett 4i4 (gen. 3)
MIDI端子も装備した音楽制作の入門モデル。

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Clarett 2Pre USB
FOCUSRITE / Clarett 2Pre
Scarlettの上位に位置するモデル。



サウンドハウス


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析