忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[313] [311] [309] [308] [307] [306] [303] [302] [301] [300] [299]
今回はMixの味付け強化のためTUBE MP STUDIO V3を導入した感想です。
直輸入販売で購入したため簡易説明書もなかったですが仕様確認以外は本体の表示だけで十分のシンプル設計です。
パッケージは海外メーカーらしく簡素ですが本体はそれほど安っぽくありません。
音質は数時間、ライン出力である程度調整したボーカルトラックを通しただけの印象ですが真空管らしい効果はあります。
ただし、フラット設定ではオケに混ぜてしまうと比べればという程度の味付けです。
プリセットの切り替えで確実に傾向は変わるため曲や音源によって味付けの程度を変更できるのはかなり便利です。
ノイズについてはアナログの真空管回路としては想定内で全くないとは言えませんが極端にノイジーになるわけではなく安心しました。
これを複数のパートごとに通過させると気になる可能性はありますが。
この他の注意点としてはメーターがVUであるためdbピーク表示が多い世の中では多少の注意が必要。
アナログ機材であればdb表示だとプラス3程度がピークでプラス6までくらいなら歪みもでにくいですがVU音圧表示だとmaxが表示上の0に合わせる必要があります。
あとは真空管機材の基本として電源操作の際はレベルを下げる、頻繁にオンオフをしない、電源投入後すぐに使用しないなどは押さえておく必要があります。

私の場合は真空管は実態回路を通してこその価値があると考えそれなりの効果は手に出来た結果ですが、やはり好みの範囲だと思うのが真空管に対する感想です。

ART(エーアールティー)/TUBE MP STUDIO V3

ART(エーアールティー)/TUBE PREAMP SYSTEM 2

楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析