忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[469] [468] [467] [466] [465] [464] [463] [462] [461] [460] [459]
これまでにも立体音響として紹介してきたマルチチャンネルサラウンドどバイノーラルに加え、そろそろVR音響にも書く時代になりました。
 まず簡単に整理するとサラウンドは基本的に複数のスピーカーを配置し音の出る方向を再現する方法で最もシアターで用いられています。放送でも一部採用されている5.1チャンネルがベターですが特定の劇場や展示では20チャンネル以上もあるようです。
収録の方法は一応、複数のマイクを内蔵しマルチトラックやリアルタイムで指定の形式も存在はしますが映像作品として製作される場合は台詞や効果音は別々に用意し編集します。
サラウンドアンプの中にはヘッドホンシアターのような名称でヘッドホンでも臨場感を得られるモードもあります。
また、稀ではありますがヘッドホンサイズの中に実際に複数のドライバーを内蔵し耳元で再現するモデルもありますがこの場合は専用のヘッドホンとセットになっています。
 バイノーラルはほとんどの場合、ダミーヘッドマイクやリアルヘッドに装着するタイプで聞えたままをステレオ(2チャンネル、2トラック)で収録し、ステレオヘッドホンかイヤホンで再生すると定位を含めた臨場感を再現できる方式です。
方式としては後から編集する方法もありますがバイノーラル音声の需要自体が限られている事と再生には一人に一台ヘッドホンかイヤホンが必要なことなどから長編作品ではあまり用いられていません。
聞いたときのリアリティーは支持されていますが頭も耳もみんな違うのでそれほどリアルに聞こえないこともあります。
 さて、VR音響については基本的にVR映像に合わせて開発が進んでいる技術の仮称で明確な統一規格はまだないようです。
VR映像も一人一台が基本であるためゲームが引っ張っている現状ですが家庭用シアターとしても進みつつあります。
モニターが装着型のため音声もヘッドホン、イヤホンになります。
高度な技術ではセンサー連動でサラウンドへ再現もできなくはないですが、全方向が持ち味のVRに対応するサラウンドシステムがそれこそ劇場クラスなので現実的ではないようです。
順当に考えると音声オブジェクトをリアルタイムでバイノーラル変換が王道ですが注目を集めているのはまだ日本で販売されていないゼンハイザーの全方向マイクAMBEO VR MICです。
全方向と書くと単なる無指向性のように思えますが、このマイクは4機のマイクカプセルを内蔵し特殊なマイク出力から収録することにより全方向からの音が中心点に向かう定位を持った音源を作成します。
その後専用のアプリAmbisonicsで定位を再現できます。
また、音素材をこのアプリで定位編集もできるようです。

つまりは音声オブジェクトをリアルタイムVR化できる基礎がすでにあるわけです。
もちろん各社、独自で効果的なシステムは開発しているようですが、一般のアマチュアが触れるシステムとしては最短距離にあります。
ただし、マイクは高級品クラスの価格です。
バイノーラル編集も3Dコントローラーでリアルタイムに定位を移動させるところまでは開発が進んでいたので当然再開発が本格化する可能性はありますが。

とりあえず、今のところはカメラを持ってバイノーラルマイクを装着して撮影するのが手軽なところなので少し遊べるマイクを紹介しておきます。
MICROPHONE MADNESS ( マイクロフォンマッドネス )  / MM-BSM-5
MICROPHONE MADNESS ( マイクロフォンマッドネス ) / MM-BSM-5
おそらくアウトレットなどを除くと最安値クラス(為替変動による)の装着型バイノーラルマイクです。
ショップページには未掲載ですがプラグインパワー作動タイプです。
ただし、極性や接続可能機材は何とも言えないので検討の際はショップに問い合わせて下さい。



ROLAND ( ローランド )  / CS-10EM

ROLAND ( ローランド ) / CS-10EM
日本では最もベターで低価格帯の装着タイプのマイクです。
イヤホンとプラグインパワーマイクの一体型で便利ですが本格マイクにはやはりリアリティーが落ちるようです。
ただし、そもそも音源を比べることもまずないですし、日本で一般的なメーカーなのが入門として安心です。



楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析