忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449] [448] [447] [446]
今回はモバイル端末向けに特化した選択肢としてIK MULTIMEDIA / iRig PRO Duoを取り上げてみたいと思います。
iRigシリーズはスマートフォンや小型タブレットでも稼働するインターフェイスとしてある程度は知られていると思いますが今回のiRig PRO Duoの特徴は2IN/2OUTのオーディオ(TRS/XLRコンボ端子ファンタム48V)、MIDIインの標準的な装備に加え、iPhone/iPod Touch/iPad/Androidのモバイル系とMac OS X 10.6以降、Windows(ASIO4ALL driver利用)PC系に対応していることです。
Androidは近年、外部機器とのマッチングも安定してきた中でやっと標準的機能を搭載したオーディオインターフェイスという感じの機種です。
盛り沢山の機種ですが注意点としてはWindowsのモバイルグレードで稼働するかは微妙、AndroidでもバージョンやそれなりのCPUとリアルタイム稼働のアプリとの緩衝程度は未知数です。
装備の面ではACアダプター別売りとなっていますが特にその対応ACアダプターについて記載がないことバンドルや対応アプリがほとんど日本語非対応、代理店経由の日本国内流通ですのでサポートは海外メーカークオリティーのつもりと覚悟しておく必要です。
電源についてはUSBバスパワーと電池対応もあるので何かで稼働はすると思いますが、個人的にはスマートフォンの方がUSBと充電スタンド用端子が同じ側面に配列されているので仮にバスパワーで稼働したとしたもバッテリーの消費が心配です。
また、24bit/44.1 kHz/48 kHzであるため最近当然のように対応しつつある96kHzでのレコーディングを望む方には悩みどころです。
どうしても海外メーカーということもあり詰めの詳細については個別に代理店に問い合わせるか購入してからの稼働条件テストになります。
国内メーカーでも推奨条件を満たしていても固有の環境で思ったほどの性能が出ないことはあるのでその辺はある程度覚悟しておきましょう。

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )  / iRig PRO Duo
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig PRO Duo


サウンドハウス
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析