忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[30] [28] [25] [24] [20] [19] [15] [13] [12] [11] [10]
0039.JPG今回はアニメ話に付き物の声優さんのお話。
まずは単純に私の一番好きさ声優である「井上喜久子」さんのお話。
みなさんが一番印象にあるのはベルダンディーでしょうね。私も井上喜久子さんの演じるベルダンディーは大好きで天命といって過言ではないと感じます。一番最初のCDでイメージドラマの配役、日高のり子さんには申し訳ない気持ちもありますが…。決して悪いわけではありませんが井上喜久子さんは本人のイメージからして敵わないかと思います。日高のり子さんに関しては私が声優というジャンルに足を踏み入れるきっかけとなった方でして20年ほど前にKBS京都ラジオ「ハイパーナイト」のパーソナリティーが面白くもしかしたらこのラジオを聞いていなかったら声優というジャンルに進まなかったかも知れません。
さて、話は戻り井上喜久子さんの話ですが芝居が上手いのと意外と役柄が広い、天然爆発のトークも聞いていて飽きません。以前にはファンクラブである@manbowに入会していた事もありました。会費の支払いが郵便振込のみと間口が狭いので更新できませんでしたが。このファンクラブの最大の特典は井上喜久子さん本人が打ったメールが一斉送信で会員に届くというシステム。携帯でメールする事が一般的になったころに始まったサービスで当時は大変癒されたものでした。
あまり知られていない話ですがこの@manbowより以前に通常の会報を発行したりするファンクラブが存在したのですが本人の責任感が強すぎて普通の会報発行や会員特典付グッズの販売などだけではファンに対してのサービスが足りないと思いもっと何かできないか、と思ったが仕事が多忙な時期とも重なり気持ちが空回りし反対に自分に対する負担ともなってしまったため閉会した経緯もあります。この件に関してあまり悪評を聞いた事がなく、その後あまり間もなく開会した@manbowがメールサービスやグリーティングカードなど結構サービスが充実した事もあり普段のトークとはちがい本当に真面目に真剣に声優という職業に向き合い取り組んでいる一例として好意的に捉えられたようです。
井上喜久子さんが声優の道へと進むきっかけとなった話が挫折からの始まりであった事も私がファンである理由の一つです。大学で教員免許を取得すべく教育実習へ臨んだが実習で自信を喪失してしまったらしいです。そんな卒業までの空虚な時間の中、何気なく見ていたのが「アタックNO.1」の再放送でなつかしい程度で見ていたのがついつい見入ってしまった、そして番組の終了後、何年経っても面白く感動を与えてくれる世界に自分も関れたら、というのが声優へと進むきっかけだったようです。この手の話はよく聞きますが声優として成功してから真摯に声優に向き合い今でも努力とサービスを続けている人として尊敬できる人物と私は思います。それが普段の天然トークの裏にあると思うと余計深みを感じるわけです。
反対に声優を志半ばで、という話はサークルをやっている中でよく聞きますが、もしチャンスがあるなら自分の中に芽生えるきっかけを大切にして育ててみるのも必要な決断かも知れません。
キャラアニ.com
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析