忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[150] [149] [148] [147] [146] [142] [141] [140] [139] [138] [136]

〇即効性のある演技ポイント
基本からコツコツとトレーニングする事は大切ですが、今ある台詞をいかにこなすかも重要です。
自分の演技に納得いかない場合は「速度」「高低」「強弱」のポイントを意識するとただ漠然と違うと考えるより的確に問題点が見えて来るでしょう。
それから相手の台詞もよく聴く事、台詞のやり取りで誰がイニシアチブを取っているのか理解すると自然に台詞が出て来るでしょう。
声優の演技のスケールとしては舞台と実写の間と考えるとよいでしょう。

〇関係性と仮想物理距離
人間関係の心理距離を物理距離感に置き換えるのも一つの方法です。
例として他人、初対面の関係は双方が手を伸ばしても届かない距離、
ある程度の関係がある顔見知り、同級生、同僚などは双方が手を伸ばして手が触れ合う距離、
個人的関係のある友人などは片方が手を伸ばして届く距離、
親密性のある家族、恋人などは手のひら程度、
のように相手との関係性を距離として置き換えると聞いた時の空気感が得られ易いでしょう。

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析