忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[142] [141] [140] [139] [138] [136] [135] [134] [133] [132] [129]

「表現」について

〇アクセント
日本語では基本的に発音の高低でアクセントを表現します。
① 平板型 音が同じ高さのままで推移する語。(電話、正しいなど)
② 頭高型 第一音が高くてその後の音が下がる。(さらに、出るなど)
③ 尻高型 最後の音節までは高く最後が下がる語。(妹など)
④ 中高型 語中にある音節の後に下がる語。中一高、中ニ高、中三高などがある。(小芝居 中一高)

〇イントネーション
イントネーションは抑揚とも言われる言葉の音階的な高低の事です。
アクセントが単語の基本であるのに対してイントネーションは言葉の表現を決定するものです。
昇調 終わりを上げる。(疑問 出た? 呼びかけ パパ など)
降調 終わりを下げる。(肯定 そうです 命令 走れ! など)

NHK日本語発音アクセント辞典   TASCAM ( タスカム ) /CD-VT2

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析