忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[418] [414] [412] [406] [405] [404] [400] [399] [398] [397] [396]
2Dで作成したキャラクターを動かすE-mote Free Movie Maker(えもふり)が発表以来盛り上がりつつあるようです。
ソフトの製作がゲームソフトの移植に力を入れているM2さんだったため私が情報に気づくの遅れてこのタイミングでの記事投稿になってしましたしたがアニメーション制作ソフトとして今後の展開に注目です。
同社で先行開発されていましたE-moteというゲーム開発お役立ちソフト的な中からキャラクターを動かすところだけを取り出し、より簡単にイラストを動かす体験ができるようです。
E-mote Free Movie Maker(えもふり)でキャラクターを動かすためにはキャラクターの素となるパーツをPSD形式で用意するが必要があるようなのでその点は原画を描ける必要性がありはしますが特徴的なのは体験版がフリーソフトとして利用(非営利、個人に限るようです)できるわりにはそれほど用意するパーツが多くない処と口パクだけのような単機能だけではない、そこそこ遊べるソフトであるところでしょう。
注意点は今のところ使用者や作成後の利用目的にある程度の制限を設けているのと出力できる枚数もそれほど多くないので数分程度の動画にしたい場合でも別途に動画編集ソフトなどが必要である点です。
それでも連番PNG出力に対応しているようなので手間がかけられる人には試す価値のありそうなソフトでしょう。
興味のある方は一度、のぞいてみてはいかかでしょうか。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/emotefre/
リンク先アドレスは窓の森さんのE-mote Free Movie Makerの紹介ページです。
E-moteの正式版とされる本体の製品版はメーカーへの見積もり依頼から交渉をするスタイルのようで現在はアカデミック版のみが通常のダウンロード販売形式で入手可能です。
E-mote アカデミックプラン
こちらはベクターさんの製品紹介ページです。
アカデミックなので当然ながら使用者に対しての制限や確認がありますのでどのグレードを希望するかは別として購入を検討される場合はメーカーに問い合わせをして内容をしっかり確認する事をお勧めします。



役立つ情報満載!アフィリエイトのアクセストレード
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析