忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[20] [19] [18] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
パートとしては最後となるボーカル。「けいおん!」本編でも最後に決定したパートですね。
マイクがあれば… と思って楽器店やネットショップを覗いて見ると結構種類も値幅もあり何がいいの? と困惑してしまいます。簡単にマイクを分類するとダイナミックマイクとコンデンサーマイクがありダイナミックマイクが一般的にカラオケやボーカルマイクとして見かけるタイプです。コンデンサーマイクは主にレコーディングを意識したものが多く単純にダイナミックマイクと比較すると感度がよくクリアーな音質ですが使用する際にファンタム電源を供給する必要があり取扱も注意が必要です。
今回はバンド始めの初心者を重点にご紹介してきたので取扱が容易でタフなダイナミックマイク、特にボーカル向けとされるものを選択したいと思います。
とは言っても一つのメーカーだけでもずらりとラインナップされており見た目は同一メーカーだとあまり変らない印象です。そこでまず世界の定番を二種ご紹介。
一つめはこれこそボーカルマイクの定番、多くのライブハウスで常備されているシュアーのSM58です。
SHURE(シュアー)/SM58
次はオーディクスのOM3、後発ながら評価が高く新たな肩を並べる定番と言っても過言ではないでしょう。
AUDIX(オーディックス)/OM3
価格差はどこの店舗でも千円程度で二つから選択する基準としてはSM58の方が低音域に強く迫力のある音質で男性向けと言ってもいいかも知れません。それに対しOM3は高音域に広がりがあり明るい印象で女性向けと言ってもいいでしょう。
ジャンルにもよりますが所有していた本人として簡単に評するとそんな感じです。
それでもマイク一本でケーブルも同時に購入すると一万円前後するのでちょっと高いなあ、と思われるかも知れません。似たような姿で半値以下の商品も多数ありますからね。そういう場合はマイクとしてはあまり見かけないメーカーではありますが低価格帯の音楽、音響機材には定評がありアマチュアの味方とも言えるべリンガーというメーカのモデルです。
BEHRINGER(ベリンガー)/Ultravoice XM8500
前二機種と比べると失礼にあたる価格ですが、これ単体だけで評すると値段以上に使えるマイクです。当然過度の期待は禁物ですがバンドで他の楽器に埋もれてしまわない程度の音質はあると思います。
さて、三機種共ケーブルが別途必要なわけですがこれはギター周辺の段で述べた世界の標準カナレのマイクケーブルをお勧めしておきます。
CANARE(カナレ)/EC05B BLACK
リンク先はマイクボディーに合わせてブラックですがカラーも選択可能です。一応5mを選択していますがちょっと長いかも、と思うかもしれませんが実際スタジオに入ってみると5mでも結構行動範囲が狭いと感じます。別にスタジオのミキサーに接続できれば問題なしですが各楽器のアンプの隣だと音が取りにくかったりハウリングを起こしてしまったりと以外とスタジオ内でのポジションが難しいので5m以上が安全と思います。
ケーブルについて補足しておくとリンクの先はXLRのオス~メスという使用のケーブルです。殆どのリハーサルスタジオでは問題なく接続できますが稀にフォン端子という形状のものしか接続できない事がありますので変換プラグも予備的に所有している方が無難です。
数回、リハスタに入ると他のパートがエフェクトなどで音色を作っているのを見るとボーカルでもと思うかも知れません。少々値がはりますが定番のボーカル向けエフェクターもご紹介しておきます。
DIGITECH(デジテック)/VOCAL300
もう少し値段を抑えようとすると単なる安価なものかボーカル専用ではないマルチエフェクターに安めのミキサーかマイクプリアンプを経由して利用する方法もありますが若干の知識が必要なので今回は省いておきます。
もう一つリハスタに入って思うことはハウリング、いわゆるキーンとうノイズが治まらずマイクレベルを下げ結果ボーカルが聞こえないといトラブルをなんとかできないか、という事です。根本の原因としてはマイクが周囲の音を拾いそれがスピーカーとマイクの間で循環、増幅するところにあります。対策としてはマイクの向きをアンプ、スピーカーに向けない、近付かない。マイクの週音部分に手をかけるとそれが集音板の役割になってしまうのでグリップ部分を持つ。ハウリング成分は主に高音部なのでイコライザーで高音部分をカットす。などがあります。それでも治まりきらない場合はちょっと価格が気になりますが検討してみて下さい。
BEHRINGER(ベリンガー)/DEQ2496 Ultracurve Pro
ハウリング除去機能がしっかり働く中では一番の低価格のようです。
他にもスタンドなど気になる備品があれば捜してみて下さい。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析