忍者ブログ
みづきのブログ  (記事はあくまで個人的見解です。 また、勝手ながら混乱や荒しを避けるため コメントの掲載、対応は控えております。 あらかじめご了承下さい。)
[19] [18] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]
お次はドラム。「らじおん!」内ではドラミと微妙な名前でした。
さて、ドラムを始めるにあたって一番の問題は練習環境です。スペースも取るし音も大きいとても勇気のいる楽器です。
私の知る限りいきなりドラムセットを購入する人はいませんで、スティックだけ購入して自宅ではクッションなどを並べてイメージトレーニング、音出しはスタジオでとうのが定石です。
でも、スティックだけでも多くの種類があり価格も500円程度から万単位のものまで一見すると何が違うの? という感じです。
持ってみてしっくりくるものが一番かと思いますが持ち方すらままならない初心者に好きに選べば、と言っても迷宮入りです。そこで私個人の初心者に勧めるポイントは重さと太さの選択で軽めで若干太めの方が疲れにくいのでよいかと思います。
その条件を満たしているモデルがこれです。
VATER(ベータ)/VMCW 
素材はメイプル、軽量で強度が高く音響特性もよいとされ楽器の素材としてもよく使用されいます。チップはウッドを選択、樹脂のモデルも多くありますが反発力が強くよく跳ね軽快ですが初心者には扱いが難しい場合もあるので標準的にウッドチップから入るのが無難でしょう。バランスが若干チップ側にあり重量が軽いわりにはフォルテを鳴らすのもパワーがいりません。
価格的にも高くはないので個人的にドラムを始める人、やっている人によくプレゼントするのですが結構評判もよく私自身も太めの径とメイプルという事でしっとり手になじむ印象です。
さて、どうしてもドラムセットで自宅練習したいという方には価格重視でこちらのモデルをご紹介します。
ZENN(ゼン)/ZDS3000II YELLOWZENN(ゼン)/DSPSETとりあえず本編気分でイエローを選択、ドラムセットとしては破格と言ってもいい価格です。注意点はセッティングマニュアルが同梱ではないという事。webからPDFファイルをダウンロードする必要があります。
製品のレビューを見るとかなり厳しいですが本編と同じヤマハかそれなりの音質を求めるとそもそも点数が多いため10万前後となってしまいます。それでいてあえて上記ドラムセットを紹介したかと申しますと自宅練習段階では感触を覚えればいいかなと思ったからです。ちなみに横に掲載しているのは消音パッドで各パーツにかぶせてミュートします。とは言っても完全消音ではないのでご注意下さい。
セッティングの注意点として以外と床が傷つくので別途ゴムマットを使用する方が無難です。
他の練習手段としてはゴムパッドのみの連雌雄パッドやゴムパッドに音源を装備したバーチャルドラムがあります。どちらもパッドの音がパタパタするので深夜の練習ではさらなる消音対策を考える必要がありますがバーチャルドラムは本物のセットよりはコンパクトになりヘッドホンや外部スピーカーで音も出せるため自宅練習用として人気があります。ただそれなりの値段ですので即買いは厳しいかも知れません。
サウンドハウス
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
みづきさとし
HP:
性別:
男性
趣味:
バイオリン鑑賞
自己紹介:
趣味の全般は音楽、特にバイオリンは奏法も価格も手の届かない存在なので完全趣味です。

現在、アフレコ主体の複合創作サークルで取り纏め役を務めています。

ペタペタと広告を貼っていますが、自分の興味のない分野を売り込めないのが悩みだったり。
バーコード
ブログ内検索
各種ボタン
P R
カウンター
アクセス解析